K様邸新築工事 進捗① 

梅雨入り前に外壁・屋根の雨仕舞いが完了、外壁サイディングも天候を見ながら少しずつ張り進めております。

内部は断熱工事、電気設備工事、給排水設備工事とボード貼前の仕込み工事の真っ最中です。

今回は弊社の断熱仕様を紹介したいと思います。

岡山市では、昨年まで断熱等級4いわゆる省エネ住宅といわれる仕様から今年の4月より、断熱等級5のZEH住宅へと断熱基準が変更となりました。

それに伴いサッシ・ガラス・断熱材を昨年より高性能なものへ変更致しました。

サッシ・ガラスは、YKKのAPW330、断熱性能の良いオール樹脂サッシとペアガラスを採用しております。

天井・壁に入る断熱材はMAGイゾベール・スタンダード

袋入りの高性能グラスウールになります。

外壁に面する壁は、天井裏も含めて隙間なく充填し、屋根下となる天井裏はすべて敷いていきます。

簡単ではありますが、弊社の断熱仕様の紹介となります。

ご安全に。